不動産鑑定のご用命は、渡辺健太郎不動産鑑定士事務所

不動産鑑定 本文へジャンプ

士業様の鑑定ご依頼


士業(税理士司法書士弁護士等)の方への鑑定評価のご案内

不動産鑑定士

1.税理士の先生へ

1.不動産鑑定が必要となる例
 ・相続税額算定のため時価評価が必要な場合(特に広大地など)
 ・同族間における不動産の売買、(等価)交換 など

2.依頼目的・報酬料に応じて不動産鑑定評価と不動産調査報告とがございます。

3.全国対応、大量案件が可能です。

4.納期や報酬見積りなど、お問い合わせはメールwatanabe@watakan.co.jp)または            
00お電話(0285-32-7523)にてお願い致します。


2.司法書士の先生へ
1.不動産鑑定が必要となる例
 ・不動産の任意売却、任意整理する場合の適正な評価
 ・会社設立時に不動産を現物出資する場合の評価 など
 
2.依頼目的・報酬料に応じて不動産鑑定評価と不動産調査報告とがございます。

3.全国対応、大量案件が可能です。

4.納期や報酬見積りなど、お問い合わせはメールwatanabe@watakan.co.jp)または             
00お電話(0285-32-7523)にてお願い致します。


3.弁護士の先生へ
1.不動産鑑定が必要となる例
 ・会社合併時や会社更生法または民事再生法の要請に伴う資産評価
 ・地代や家賃の訴訟にあたっての鑑定評価 など
  
2.依頼目的・報酬料に応じて不動産鑑定評価と不動産調査報告とがございます。

3.全国対応、大量案件が可能です。

4.納期や報酬見積りなど、お問い合わせはメールwatanabe@watakan.co.jp)または             
00お電話(0285-32-7523)にてお願い致します。


4.その他
1.不動産鑑定が必要となる例
 ・地代や家賃の更新・改定時の係争における不動産鑑定
 ・抵当権設定のための不動産鑑定 など
 
2.依頼目的・報酬料に応じて不動産鑑定評価と不動産調査報告とがございます。

3.全国対応、大量案件が可能です。

4.納期や報酬見積りなど、お問い合わせはメールwatanabe@watakan.co.jp)または             
00お電話(0285-32-7523)にてお願い致します。


■ お問い合わせ   0285-32-7523    又は   watanabe@watakan.co.jp




                       不動産鑑定士

不動産鑑定